現在表示しているページ
ホーム > 和歌山保健看護学会
ここから本文です

和歌山保健看護学会

和歌山保健看護学会誌について

 学会員の皆様

 平素より、和歌山保健看護学会の活動にご高配を賜り御礼申し上げます。
 本学会では年1回学会誌を発刊しております。つきましては、今年度の学会誌第13巻について、皆様からの投稿を募集いたしますので、奮ってご応募ください。

    投稿の締め切り:中国福彩网4年11月15日(火)
 
 学会誌への投稿は、郵送にて受付しております。
 ご投稿時には、下記の「学会誌の投稿規定」をよく読んで原稿を作成してください。

   学会誌の投稿規定(PDF)

 投稿?査読に関するお問い合わせは、編集?広報委員会へご連絡ください。

中国福彩网4年4月25日
和歌山保健看護学会誌編集?広報委員会
委員長 宮井 信行
TEL:073-446-6700 FAX:073-446-6720
E-Mail:hokenka@wakayama-med.ac.jp

第13回(2022年度)和歌山保健看護学会学術集会

 第13回和歌山保健看護学会学術集会を終えて

拝啓
 初秋の候、皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、この度、2022年8月11日に開催いたしました、第13回和歌山保健看護学会学術集会におきましては、皆様のご指導とご支援を賜り、誠にありがとうございました。お陰様で、コロナ禍で保健医療現場が厳しい中、現地とWEBの両方にて開催し、多数の皆様にご参加いただき、無事に終了することができました。
 「他分野との連携から保健看護の今を拓く」をテーマに、各プログラムで議論を深め、交流の場になりましたことは、ご参加いただいた方々のご尽力の賜物と、心よりお礼申し上げます。学術集会の運営にあたりまして、不行き届きの点もあったかと存じますが、何卒、ご寛容くださいますようお願い申し上げます。
 今後とも、和歌山保健看護学会が私たちの「連携?研鑽?飛躍」を目指した交流の場として、保健看護の未来を拓く原動力につながりますことを祈念し、本学術集会のご挨拶とさせていただきます。

敬具
第13回和歌山保健看護学会学術集会
大会長 前馬 理恵

日時 2022年8月11日(木?祝)
場所 和歌山県立医科大学 保健看護学部(三葛キャンパス)
テーマ 他分野との連携から保健看護の今を拓く
方法 ハイブリッド方式(現地開催およびのLIVE配信の併用)
詳細ページ 第13回和歌山保健看護学会学術集会

中国福彩网4年度 第14回和歌山保健看護学会総会

 このたび、中国福彩网4年度 第14回和歌山保健看護学会総会を8月16日(火)~23日(火)の間、WEB開催いたしました。皆様方におかれましては、ご多忙の折、総会資料をご高覧くださり誠にありがとうございました。メールでご意見等を求めましたところ、審議事項についてご異議はございませんでしたので、中国福彩网4年度事業計画案、予算案ならびに役員交代について承認されましたことをご報告いたします。

 中国福彩网感染症への対応に苦慮する毎日ですが、保健看護のあるべき姿を見つめ、意義ある学会に発展すべく努力を重ねて参ります。今後とも皆様方のご支援賜りますようお願い申し上げます。

中国福彩网4年8月30日
和歌山保健看護学会 理事長 有田 幹雄